raf.png

RAF運営事務局
〒144-0051
東京都大田区西蒲田6-17-3-207
TEL: 03-3732-2311
FAX: 03-3732-2318

HOME > 活動紹介

年間活動予定


年間活動予定

異業種交流会RAFでは、その年の計画に沿い若干の変更はありますが、概ね、下記の年間活動予定となっております。
※毎月第2・第4木曜日の夜は、必ず定例会をしています。

RAF年間活動予定
4

年度経営方針発表会

第1回経営問題研究会

5

ゴルフ会

第2回経営問題研究会

6

他団体との交流会

各種分科会活動報告

7

夏季レクリエーション

第3回経営問題研究会

8

暑気払い

9

他団体との交流会

第4回経営問題研究会

10

おおた観光展出展

第5回経営問題研究会

11

研修旅行

12

忘年会

1

新年会

2

おおた工業フェア出展

企業視察

3

次年度幹事会人事検討

総会・懇親会



定例会

定例会

スクリーンショット(2011-05-31 18.34.50).png毎月第2、第4木曜日の夜7時から夜9時まで約2時間、大田区産業会館(pio)の会議室で開催される定例会は、異業種交流会RAF活動の中心的な活動です。この定例会で、さまざまなことが話し合われ、時節に応じた活動が展開されていきます。

なお、概ね夜6時30分頃には集合し、若干高価な懐石弁当を食べることが慣例となっています。また、定例会のあとは、ほぼ毎回、懇親会(飲み会)が行われます。定例会の熱気を引きずった生の経営談義が、飽きることなく続けられます。

総会・懇親会

総会・懇親会

20130328懇親会写真.jpg毎年3月の第4木曜日の夜は、年度の締めとなる総会です。毎年、概ね、やや高級ホテルのパーティー会場で開催されます。総会では、当年度1年間の振返りを行い、次年度の組織体制と活動方針を確定します。

なお、総会のあとは、その隣のパーティー会場で懇親会です。RAF会員は、経営者のみならず、その配偶者やお子様も交えた家族ぐるみのお付き合いをされる会員さんも多く、総会のあとの懇親会は、着飾った奥様方で、一気に会場が華やかになります。

経営問題研究会

経営問題研究会

2008-10-17_10.37.35_0098.jpg毎月第2、第4木曜日に開催される定例会に合わせて、経営問題研究会を行うときがあります(年5回程度)。経営問題研究会では、時事のホットなテーマや、いつの時代でも企業経営につきものの経営課題について、喧々諤々と議論します。

「経営問題研究会こそが、RAF活動の真髄だ」と考える会員も多く、研究会では、まさに「いまそこにある課題」が、実際に会員企業の中で起きている生々しい事例をベースに、解決方法について協議します。

日本中を嵐のように襲ったリーマンショックの後は、「実は、当社も経営問題研究会で勉強したから、あの危機を乗り越えられた」と、こっそりと漏らす会員企業もおり、経営問題研究会は、確かにRAF活動の真髄かも知れません。

2011年度経営問題研究会テーマ
第1回

東日本震災・節電対策

第2回

労務問題

第3回

経済記事の読み方 ダウンロード

第4回

営業・販売

第5回

経営戦略


研修旅行

研修旅行

毎年1回(多い時は2回)、研修旅行に行きます。概ね毎年秋(9月から11月)に企画され、経営に役立つ視察対象を厳選しつつ、同時に楽しく観光や宴会ができることを踏まえて、視察研修旅行が企画されます。

2007年中国視察2007年中国視察2008年青森視察2008年金沢視察2008年金沢視察


交流会

交流会


スクリーンショット(2011-05-31 19.02.47).pngRAFでは、随時、他団体との交流会を行っています。同じ大田区で活動している他の異業種交流会(異業種グループ連絡会)の仲間の企業や、行政・大手企業との交流も活発です。


メディア出演

メディア出演


スクリーンショット(2011-05-31 19.04.55).pngRAFで活動していると、メディアからの取材や出演依頼を受けることもあります。企業活動におけるPR効果は絶大です。

← テレビ東京ワールドビジネスサテライトに出演

分科会活動

分科会活動

RAFでは、会員全員が揃って行う定例会や経営問題研究会、総会、研修旅行以外に、会員有志がプロジェクトチーム型で行う分科会活動も活発です。

RAFにおける主な分科会活動
ものづくり分科会(旧)  

お座敷車椅子の開発等、開発実績多数(1995年頃)。一通りの開発を完了し、ミッション完了に伴い休会。

IT分科会

会員企業のIT化促進(1995年頃)。現在はミッション完了に伴い休会中であるも、スマートフォン時代の到来を受けて復活準備中。

ものづくり分科会(新)



ものづくり分科会の復活版。デジタルサイネージ関連商品の開発やwebマーケティングに取り組む。2008年には「ものづくり大田有限責任事業組合」として事業組織化。

脱下請けプロジェクト

東京基盤技術産業グループ支援事業(20東中総助第168号)から生まれた株式会社ディープロジェクト

有志企業による「脱下請け」を目指した活動。2010年には「株式会社ディープロジェクト」として法人化。異業種交流会発の株式会社として、全国でもめずらしいケース。

飲食メニュー開発分科会

地域大田区で取れる農産物・海産物を用いて飲食メニューがつくれないかを研究する分科会。ラーメン開発に乗り出すも果たして...



会員ブログ

会員ブログ